java予約語の一覧

予約語 説明
abstract 抽象クラスの宣言で使用
assert プログラムの動作検証(アサーション)に使用
boolean 真偽(true/false)を表す型
break 処理を中断させる命令
byte 8ビット符号付き整数の型
case switch文の条件ラベルで使用
catch 例外処理で使用(try-catch-finally)
char 16ビットUnicode規格文字の型
class クラス宣言で使用
const Javaでは使用されていないが予約語となっている
continue 以降の処理をスキップして処理を継続させる命令
default switch文で使用
do 繰り返し処理で使用(do-while)
double 64ビット倍精度浮動小数点の型
else 条件式で使用(if-else)
enum 複数の定数を列挙型で保持する
extends 継承するクラスを指定する
final クラス、メソッド、変数宣言に使用する修飾子
finally 例外処理で使用(try-catch-finally)
float 32ビット単精度浮動小数点の型
for 繰り返し処理で使用
goto Javaでは使用されていないが予約語となっている
if 条件式で使用(if-else)
implements クラスのインターフェース実装で使用
import クラスのインポートで使用
instanceofinstanceof オブジェクトのクラス判定を行う演算子
int 32ビット整数の型
interface インターフェースの宣言で使用
long 64ビット整数の型
native Java以外の言語で記述されたメソッドを示す修飾子
new インスタンスの生成に使用する演算子
package Javaクラスの集まりをまとめたもの
private アクセス修飾子のひとつ
protected アクセス修飾子のひとつ
public アクセス修飾子のひとつ
return メソッドの戻り値を返す文
short 16ビット整数の型
static 静的なメソッドや変数を指定する修飾子
strictfp 浮動小数点をIEEE754規格で処理するための修飾子
super サブクラスからスーパークラスを参照する際に使用
switch 条件分岐処理で使用
synchronized スレッドの排他制御を行う場合に使用
this 同じクラスのメソッドや変数を参照する場合に使用
throw 例外を発生させる場合に使用
throws 呼び出し元のメソッドに例外処理を委任する際に使用
transient オブジェクトをシリアライズ対象外とする修飾子
try 例外処理で使用(try-catch-finally)
void 値を返さない型
volatile 共有メモリと各スレッドの変数の値を一致させる修飾子
while 繰り返し処理で使用(do-while)

リテラルとはあらかじめ定められた文字列のことで、こちらも予約語と同様、変数名などに使用することができない。それでは、3つあるJavaのリテラルを見てみよう。

リテラル 説明
true 真であることを示す
false 偽であることを示す
null 何の値も持たない状態

<データ型の一覧>

種類 データ型の名前 説明 利用頻度
整数型 byte かなり小さな整数
short 小さな整数 ×
int 普通の整数整数
long 大きな整数
浮動小数点型 float 少し曖昧でも良い小数 ×
double 普通の小数
文字型 char 1文字だけ
論理型 boolean 「true」か「false」
文字列型 String 文字列(複数の文字)

<値が取り扱える範囲>

種類 データ型の名前 説明 値の範囲
整数型 byte 8ビット整数 -128 ~ 127
short 16ビット整数 -32,768 ~ 32,767
int 32ビット整数 -2,147,483,648 ~ 2,147,483,647 (約±21億)
long 64ビット整数 -9,223,372,036,854,775,808 ~ 9,223,372,036,854,775,807 (約±900京)
浮動小数点型 float 32ビット単精度浮動小数点数 約(-)3.40282347E+38(約6~7桁の精度)
double 64ビット倍精度浮動小数点数 (-)1.79769313486231570E+388(15桁の精度)
文字型 char 16ビットUnicode文字 ¥u0000 ~ ¥uFFFF
論理型 boolean 真偽値 「true」 or 「false」
文字列型 String 文字列 扱えるデータの長さはint型と同じ(約21億)